小田急相模原、小田急町田、小田急相模大野の不動産・賃貸、分譲、マンション情報

株式会社 三興土地開発

建設業許可:
神奈川県知事許可(般-28)第82229号

宅建業免許:
神奈川県知事免許(5)第21600号

042-742-9749 営業時間/10:00〜19:00 (水曜定休)
btn_gnavi01

不動産売却の成功例/失敗例instance

img_h3_01不動産売却の成功例/失敗例

個人版民事再生法でマイホームを守る(失敗例)

pic_instance04

住宅ローン以外に消費者金融などから多額の借り入れがあり返済が困難な状況にありました。詳しい友人に相談すると、子供の教育費や老後の生活を考えると早めに売却したほうがいいというアドバイス。ですが念願叶って購入したマイホームを手放す決断ができず、個人版民事再生法の手続きを司法書士さんにお願いしました。マイホームを守ることができたのです。あれから数年経ちますが、今私は、住宅ローンの返済に子供の教育費、老後の生活を考えると毎日頭を抱えています。個人版民事再生法により先延ばされた住宅ローンの返済。結果的には住宅ローンの弁済額は変わることはないのです。マイホームを手放す決断ができなかったことを後悔まではしていませんが、相談させていただいた友人のアドバイスに従っていれば、今とは違った景色が観れていたのかと思います。

自己破産は思い出話に(成功例)

夫婦共働きでの住宅ローンで購入したマイホーム。離婚を期に売却することに。当時の主人の会社が倒産してしまったこと、私だけの収入では支払いを継続することは難しかったからです。希望していた価格での売却は、周辺が売り物件が多く、相場と比較しても売ることは難しそうでした。弁護士さんに相談すると自己破産を勧められ、自己破産だけは選択できず、不動産会社さんに相談したところ任意売却できることがわかり、なんとか買主を見つけ任意売却成立できました。自己破産を勧められたときはとても不安になりましたが、今現在は、思い出話にできるくらい落ち着いた毎日を送っています。

高価格売却=時間は成立しない(失敗例)

pic_instance05

以前より新しい住まいに引越すことを夫婦揃って希望していました。まだ残債の多く残るマイホームから理想の住まいへと移るためには、できる限り高い価格で売却成立できればと考えていました。不動産会社さんに相談させていただいたところ、やはり希望として提示した金額での売却は難しいといった回答。売却を依頼して間もなく、不動産会社さんからご提案いただいた売却金額と、私が希望していた金額との丁度中間の金額で購入したいといった方が現れました。不動産会社さんの予測以上の反響のよさから、私が希望していた金額へと到達できることを確信し、購入希望者の方をお断りして心待ちしていました。それから半年以上の時間が過ぎても購入希望者は現れませんでした。結果、不動産会社さんのご提案金額にて売却を成立し、たってから希望していた理想の住まいを諦め、譲渡のタイミングに支障のない手近な新居へと移ることになりました。